カテゴリ:yummy( 46 )

 

遅ればせながら、ハロウィン報告!

最近ようやく兄弟であそべるようになってきた。

この写真は、長男の幼稚園でハロウィンパーティーがあるというので
衣装を作ることになり、母子3人で作った変身お面。長男は大のアンパンマン
好きなのだが、これを作り終えてからポツリと「ハロウィンっぽくないやん!
おばけにするー!」と言うので,イチから創作再開。やっとできあがり、
2人でおばけごっこをしておおはしゃぎ。その間にと、私は夕飯の準備にとりかかる。
なんだか静かになったことを気づいた私は、いやーな予感がしてリビングに。。。
そこで見た物は、白い絨毯の上にパラパラと広がる黒いモヤ??何だ、これ??
と兄弟の顔を見ると、兄の手には工作はさみ、弟の頭はまだら模様。。。
そう、2人ともニコニコと静かーに散髪屋さん(?)ごっこをしていたのでした。。。

さあ、気を取り直して。。。楽しみにしているハロウィンパーティーが迫り、幼稚園からも
「30日はハロウィンパーティーをします。参観可能です。」というような確認
メールがきたかと思いきや,その一時間後くらいにまた幼稚園からメールが。。。
「30日は、休みと休みの間ということで連休にいたしたく、急遽休園にします。ハロウィンパーティーは11月に延期です」。。。そんなー、祝日でも何でもないのに、急にわざわざ4連休に
しなくったってー。。。それでなくても祝日の前日もなぜか午前保育だけで帰ってきているのに
。。。という親達の不満の声も空しく、無事11/3(火)に今年のハロウィンパーティが
行われたのでした。
b0171428_22582194.jpg

[PR]

by kuromboturkey | 2009-11-10 23:00 | yummy  

住めば都

異国生活も半年が過ぎた。いいのか悪いのかトルコ生活も慣れてきたら、住めば都。
初めはカルチャーショックの連続で、家の前の道路を歩くのも車が危なくて気を遣っていたことも、おかしいと感じていたことも、今では難なく日常生活の一部になっているのに最近気がついた。

たとえば、スーパーで賞味期限切れが売っているのも当たり前で、買ったばかりの牛乳を開けたら腐っていたことだって、買った卵が割れているなんてこともある。

エコにもバリアフリーにも程遠く、ゴミは何でも一緒くた!瓶も缶も、ガラスも家具も家の前にポイッと置いたら全部一緒にゴミ収集車へ。道路はぼこぼこで穴があいていることもあり、遊歩道にまで車は乗り上げるなんてことも。犬の散歩も糞の始末をしないので、そこら中に糞が落ちている。路駐も当たり前で、ベビーカーを押して歩けば障害物がいっぱいで、体力も神経もすり切れる。。。

家の中にいても油断できない!コンセントは、プラグごと抜けてしまうし、鍵がポキッと折れたこともある。突然お湯が出なくなったり、電気が消えたりするのも当たり前だし、たまに黄色くて汚ーい水が出ることもある。故障が多く、修理屋を呼んでも、時間通りに来ないのも当たり前。

トルコ人は熱くて、せっかちでケンカっぱやい。大人の女同士でもよく大声でけんかをしている。
そして、トルコ人は絶対に謝らない!自分が車をぶつけても「アッラーの思し召しがありますように☆」なんていうのも、よく聞く話。

でも、トルコ人は人情に厚い。バスに小さい子連れや老人が乗ってきたら、必ず誰かが席を変わってくれる。子どもが泣いたら、だれもうるさがらずに必ず相手をしてくれる。ちょっと話をしただけで「ともだちだ」なんて紹介してくれたり、通りすがりの人が子どもにキスをするなんてのも日常茶飯事!

こうしてトルコに住んで改めて、日本がいかに便利で安全な国かを実感するのと同時に、トルコの人間臭さが心地よく人に構われるのが温かくていいなーと感じている。私達も、こういう生活に鍛えられて、強くなってきているんだろうなー。。。Yummy
b0171428_1542684.jpg

[PR]

by kuromboturkey | 2009-10-12 16:03 | yummy  

カッパドキア

 シュケルバイラム(断食後の祭日)。日本のシルバーウィークより1日短いが、トルコでも偶然同じ頃に連休が4日間あった。ちょうどその前の週から長男の幼稚園が始まり、予想どうり泣きわめいて嫌がる辛い一週間だったので、そのごほうびの旅行として2泊3日で行ってきた。

 飛行機に乗り1時間でカッパドキアに着いた。空港周辺は何もない田舎だが、30分ほどバスで行くと、色んな所に火山灰と溶岩から造られた奇岩や洞窟などがゴロゴロあり、今まで見たどの景色とも異なる不思議な景色が広がっていた。

 着いたその日の半日ツアーと2日目の終日ツアーで、昔の人が造った洞窟住居や洞窟教会を見て回ったり、高くそびえ立つ洞窟の城に登ったりと、子供連れにはかなりハードだったが、途中ラクダに乗ったり、動物の形の奇岩を見たり、何より泊まったホテルが洞窟ホテルでおもしろい造りの部屋だったので、子供も楽しめる内容だった。
 2日目の朝、カーテンを開けると、空一面に気球が浮かんでいて、まるで絵本の世界に入ったかのような景色!子ども達も大興奮し、「あした、ききゅうにのれるんだよね!」と楽しみにしていた。
 最後の日の朝6時から気球ツアーを予約していたので部屋で待っていたが、一向に迎えが来ない。小雨が降っていたので一時中断になっていたが、7:30頃雨もやみ、念願の気球ツアーに出発!大きな気球に15人ほど乗り、次男は抱っこひもでくくりつけて1時間のフライトが始まった。たまたま風もなく、とてもスムーズに離着陸ができたので子ども達も怖がらず(後半30分は飽きていたが。。。)高い所で上空1kmのところまで遊覧することができた。
 しかも、シュケルバイラム(砂糖のバイラム)というだけあって、子供に甘い,甘い!「イイ、バイラムラル!」(よいバイラムを!)と言うと、どこででも飴やチョコなど甘いお菓子を子供達はもらえるので、子供達にとってもうれしーい旅行だったことはいうまでもない。yummy
b0171428_2543620.jpg

[PR]

by kuromboturkey | 2009-10-02 15:28 | yummy  

我が家の美術館

前からお絵かき大好きだった長男。
イスタンブールに来てからは幼稚園にも行かずずっと家にいるので、
毎日のようにお絵かきに没頭している。

とはいえ、無邪気な次男がその周りをうろついているので気が気じゃない。。。
はじめはクレヨンで描いていたが、次男がいつのまにか赤のクレヨンを奪い自分の顔や体中を描き、しかもそのクレヨンを食べていたものだから、しばらくの間クレヨンは封印。

今はクーピーの色鉛筆や絵の具で、母つきっきりのお絵かきライフを楽しんでいる。
こっちではお絵かき帳なんてものはないので、専ら裏紙や段ボールの裏などの再利用だが、長男が描いた絵を洗面所に少しずつはりつけていっている。

最近はアンパンマンだけじゃなく、色んな絵を描いてくれるようになったが、その中でも特徴的なのは家族の絵。。。
特に弟は特徴的で、誰に指摘されたわけでもないのに眉毛をM字につなげて、
「ボノロンとおなじ!」
そんな長男もちょうど1ヶ月後から幼稚園がスタートする。
母親としてはほっとするような、心配なような。。。複雑な心境。。。yummy
b0171428_4191564.jpgb0171428_4222387.jpg
[PR]

by kuromboturkey | 2009-08-15 04:19 | yummy  

黒海ミステリーツアー

 イスタンブールは海がすぐ近くにあるとはいえ、大型船がたくさん行き交う港なので、海水浴の出来るビーチに行くには車で約2時間。
 先週土曜日に、日帰りバスツアーが決行された。トルコ人先導のもと計画がたてられたので、日本人では考えられない無理のある企画で、ハラハラドキドキのミステリーツアーとなった。

 まず、このツアーをしようと決まったのが前々日。。。しかも、男性陣は前夜11:00からサッカーをしたから、平均睡眠3時間(トルコ人運転手はなんと1時間だけ)というなんとも無理のあるスケジュール。。。にも関わらず総勢33人が集まった。(バス収容人数30人。。。なので、もちろん出入り口の階段付近に座る人あり)

 朝6時に出発し、着いたのは8:30頃,日本ならまだまだ涼しい時間だが、こっちではもう刺すように痛い日差し。朝食を食べてから早速海水浴をしようと海の中に入ろうとすると、冷たい!!!足だけつけても、ブルブル震えるほどの氷水に入っているよう。トルコ人が言うには、地中海は暖かいんだけど、黒海は冷たいよー。。。と言いながら、トルコ人達は次々とその冷たい海に飛び込んで行った。日本人が「えー?!」と驚いているのを横目になんと3人の妊婦まで(一人は9ヶ月)いきなりダイブ!そして泳ぐ、泳ぐ。。。皆が点に見えてしまうくらい遠くまで泳いで行ってしまった。。。(日本人達は海に入るまでに1時間かかった)

 夕方トルコ人VS日本人のビーチバレーが行われ、ドゥンドルマ(アイス)を賭けて真剣勝負。結局トルコ人チームに負けてしまったが、うちのちび達は「ベン トルキエ」(ぼく、トルコ人)とおねだりしてしっかりGET!夜10:30に帰宅後、待っていたのは、日焼けの痛み&サッカーの筋肉痛(パパだけね。。)なかなか、寝付けなかった。。。らしい。。。Yummy
b0171428_15374341.jpg

[PR]

by kuromboturkey | 2009-06-29 15:38 | yummy  

Happy 2nd Birthday!

次男の誕生日の前日、
恒例の飲み会(サッカー観賞会&奥様おしゃべり会)があった。

皆でお料理を持ち寄って、
サッカーが始まる(pm9:30)までは総勢20人でお食事タイム。

さあ、そろそろサッカーが始まる。
私だけ子ども達を連れて帰らなきゃと思っていたら、
急に暗くなって2本のろうそくが移動してきた。。。
ハッピーバースデー♪という歌声とともに、次男のもとへ手作りケーキが!
b0171428_21261028.jpg










とっても素敵なサプライズに食いしん坊の次男も目をパチクリ!
少しずつニコーって口元がゆるんできたと思ったら、
一番にしまじろうのクッキーにガブリ!

みんなと一緒に、
久しぶりに繊細な日本人好みのお味のケーキをいただきました。

何よりうれしいのは、
こちらでもいい人ばかりに囲まれていること。
感謝感謝の毎日です♡
yummy
[PR]

by kuromboturkey | 2009-06-04 21:30 | yummy