シガラボレイ&ピルゾラ

こないだはメールで喜んだが、続いて義姉から手紙が届いた。
ふと望郷の念に駆られた。また帰国後に会う日が楽しみだ。

6月は2つの記事に分けて書こうと思う。
6月の写真を見ると料理の写真がいっぱいあった。
1つ目の記事は料理特集。



b0171428_4515171.jpg

まずはこれ。「シガラボレイ」
ユフカという小麦粉で作った薄い生地に白チーズ(日本ではフェタチーズが近い。)とパセリ(日本のではなくイタリアンパセリのよう)を巻いて揚げる。
今回は勝手にアレンジを施してドライフルーツ(たしか杏)を刻んだ物も巻いた。
b0171428_4521990.jpg

できあがりはこちら。
「シガラ」はタバコを意味する。といってもサイズは葉巻よりでかいけど。


b0171428_4541520.jpg

次の料理はこれ。「なんじゃこれ?」
「料理ちゃうやん。」
ごもっともです。ただの葉っぱ。
でもこれはトルコ料理のレストランにもある前菜の一品です。
ここにレモンをおもいっきりかけて食べる。
初めは抵抗があった。なんだか草食動物になったような気がしたから。
でもいまはもうOK。いや、むしろこのほうがいい。
むしゃむしゃワイルドに食っています。
この日はマイダノズ(パセリ)とロカ(ルッコラ)だった。
レモン思いっきり!が決め手です。



b0171428_4524896.jpg

最後はこれ。クズピルゾラ(ラムチョップ)のオーブン焼きです。
トルコに来て一番味覚が変わったのがこれかも。
コレ、牛肉よりうまいです。
とてもやわらかいし臭みなんてほとんどありません。
慣れというのはすごいもので、最近は韓国食材店ルートよりごくごくたまに手に入る豚肉のほうが臭うなぁと思うようになりました。


では、その2プリンセス諸島編につづく・・・
[PR]

by kuromboturkey | 2011-08-02 05:18 | トルコ料理  

<< 6月その2 プリンセス諸島 ほな次5月 >>