パムッカレ

b0171428_15411929.jpg

トルコには、クリスマスや正月休みがない代わりに、バイラムという祝日がある。
毎年10日ずつ前にずれていくしくみで、今年は9/8〜11まで。
b0171428_15414637.jpg

今年のシュケルバイラム(ラマザン明けの祝日)は、2泊3日でパムッカレに行ってきた。
トルコ語で「綿の城」という意味のパムッカレは石灰棚が有名で世界遺産にもなっていて
地中からしみ出た温泉の石灰分が崖を流れ、数千年という長い年月をかけて、真っ白い段々畑のような棚をつくっている。

涼しくなっていたイスタンブールと比べて、真夏の暑さでかんかん照り。
辺り一面真っ白なので、反射で上からも下からも焼けるような暑さだった。
いたる所にぬるま湯の温泉がわきだしていて、はだしで散策したり水着で泳ぐことができる。
b0171428_1542957.jpg

そして崖の上まで登ると、ヒエラポリス遺跡が底に沈んでいる天然の温泉プールがある。昔は大理石の柱や建物が並んでいた古代のメインストリートだったらしい。
b0171428_15423414.jpg
今回の旅行は世界遺産の観光目的だったが、プール、プール、プール三昧のリゾート旅行(?)になり、みんな真っ黒に日焼けして帰ってきた。。。yummy
[PR]

by kuromboturkey | 2010-09-15 16:14 | yummy  

<< トルコの水事情 ピンクのユニフォーム >>