トルコで初めて買った楽器は。..

b0171428_3501724.jpg
Tunerという乗り物に乗った。
これは、1875年に作られたヨーロッパで最も古い地下鉄だ。
乗車時間はたった3分一駅分しかない。
あっという間につく。
なんでこれに乗るのかと言うと、子連れにはきつい傾斜面だからだ。
60円で地下ロープウェイに乗るといった感じだ。
b0171428_3504488.jpg
b0171428_3511197.jpgさてこれに乗って向かった先はココ。
ガラタ塔近辺の楽器屋街だ。
うちの子はネコしか視界に入っていないが、ぼくは楽器しか目に入っていないのがおもろい。
去年は、トルコの民族弦楽器のウドやサズを買おうか買わまいか悩んでいたのだが、やっぱりまだトルコの音階は好きになれないので買っていない。
それじゃギターはどうかなと思って見てみても、ろくなものがない。
実はこの楽器屋街に足を運ぶのはこれで5回目以上。文句を言いながらもつい足を運んでしまうのである。

それが今回いい物との出会いがあった!この店Emin Percussionだ。
トルコや中近東、エジプトなどで使われるダラブッカという太鼓を作っているお店だ。
この写真を撮った日は、「高級そうな太鼓やな〜。」と思って眺めただけだったのだが、先週また所用でこの辺りに行った時、店にオーナーのEminさんがいた。
話しかけると早速チャイが出てきて、いろんなパーカッションを叩いて聞かせてくれた。
「おっ!おぉ〜!!!」
超絶テクだった。トルコならではの5拍子もおもしろかった〜!
教えてもらって少し叩いてみるものの、ダラブッカはまともに音を出すこと自体無理だった。
そこでぼくが買ったのがコレ、カホンとダラブッカとスネアのあいのこのような楽器。
b0171428_3513215.jpg
「これはカホンやろ?」
と聞くと、
「おいおい!これはカホンじゃない!」
と店員がちょっと怒り気味に興奮した口調で説明してくれた。
楽器を買うときは必ずビビビッと感じた物を買うことにしている。
今回のこれも正にそれだった。

家に帰って嫁さんに報告すると、いきなり太鼓を買って帰ったもんで、はじめはびっくりしていたが、よくよく楽器の話や店の話をすると、
「あ〜あそこな。なんかまた行きたなるんちゃうかと思とったねん。たしか店の写真とっといたったでウェブのアドレスも写るようにして。」
すでに嫁さんにはここでの買いもんを読まれていたようでした。
[PR]

by kuromboturkey | 2010-04-25 04:32 | kurombo  

<< トルコ原産チューリップ 初 サバサンド >>