ブルサでええもん見た、食った。

休日にブルサに行ってきた。
イスタンブールから高速フェリーに乗って1時間半ほど行ったところにある。
ここに来るのは2度目だ。ブルサの目当てはハマム(温泉)とこれ、
b0171428_2413078.jpg

イスケンデルケバブだ。これが日本人には理解できない食べ物で、一番下にピデというパン、その上にトマトソース、その上にドネルケバブ(回転させながら焼いた肉を薄くそいだもの)そして、横にヨーグルトが添えてある。食べる前に熱々の溶かしバターをジュワーッとかけて食べる。
初めてこの料理の存在を知った時には、
「ヨーグルトを添えるなんて...これはあまり食いたくないな。」
と思ったのだが、去年旅行でブルサに旅行に来た時に、
「ここはイスケンデルケバブ発祥の店やで。」
と言われおそるおそる食べると
「おっ!これはウマい!」
とハマってしまった。
かといって、イスタンブールで注文するのは勇気がいる。初体験が発祥の店だったから。
ということで今回トルコ2度目のイスケンデルケバブとなった。
2人前頼んだのだが、Rayが食べる食べる食べる・・!
食いっぷりのよさに店のアビー(兄ちゃん)がサービスで肉をそいで2、3度口に入れてくれていた。
もちろんColeも
「僕もー!」
と言ってもらっていた。
b0171428_24158100.jpg

その後歩いた商店街は緑一色!
ブルサはイェシルジャーミー(緑のモスク)というのがあるので確かに緑がブルサの色なのだが、一番の原因は、現在トルコのサッカーリーグでブルサスポルが首位だからである。旗などもたくさんあり、
「ブルサスポルは優勝する!」
と断言した垂れ幕なども。
服屋にはどの服屋にも必ずブルサスポルのバッタもんのユニフォームが売っている。
「5(ベシ)リラ!5リラ!(300円)」
と叫んでいたので、まあ旅の記念にと子ども達にユニフォームとマフラーを買った。
さっそく着せるとそこら中で
「Bak!Bak!」(おい!見ろよ!見ろよ!)
「日本人の子供がブルサスポルのユニフォーム着とるぞ!」
などと騒ぎが起き、その後何回も
「フォト、タマンム?(一緒に写真とっていいか?)」
とスター状態になっていた。
b0171428_293317.jpg
次の日、イェシルジャーミーに行った。
モスクの前で子供がおもちゃを売っていた。
トルコではよくある風景だ。ゼンマイ式のおもちゃを売るために何度もゼンマイをまいてはディスプレイし直す。バッタもんのミッキーがドラムロールしている。




「あれっ!?」
b0171428_2243953.jpg
ミッキー後頭部ハゲとるやん!!!(爆笑)
ちょっと買いたくなってしまったが嫁さんに言うとバカにされそうなので我慢した。

以上、2度目も楽しかったブルサでした。
[PR]

by kuromboturkey | 2010-04-11 03:17 | kurombo  

<< 初 サバサンド ジンボンボン >>