住めば都

異国生活も半年が過ぎた。いいのか悪いのかトルコ生活も慣れてきたら、住めば都。
初めはカルチャーショックの連続で、家の前の道路を歩くのも車が危なくて気を遣っていたことも、おかしいと感じていたことも、今では難なく日常生活の一部になっているのに最近気がついた。

たとえば、スーパーで賞味期限切れが売っているのも当たり前で、買ったばかりの牛乳を開けたら腐っていたことだって、買った卵が割れているなんてこともある。

エコにもバリアフリーにも程遠く、ゴミは何でも一緒くた!瓶も缶も、ガラスも家具も家の前にポイッと置いたら全部一緒にゴミ収集車へ。道路はぼこぼこで穴があいていることもあり、遊歩道にまで車は乗り上げるなんてことも。犬の散歩も糞の始末をしないので、そこら中に糞が落ちている。路駐も当たり前で、ベビーカーを押して歩けば障害物がいっぱいで、体力も神経もすり切れる。。。

家の中にいても油断できない!コンセントは、プラグごと抜けてしまうし、鍵がポキッと折れたこともある。突然お湯が出なくなったり、電気が消えたりするのも当たり前だし、たまに黄色くて汚ーい水が出ることもある。故障が多く、修理屋を呼んでも、時間通りに来ないのも当たり前。

トルコ人は熱くて、せっかちでケンカっぱやい。大人の女同士でもよく大声でけんかをしている。
そして、トルコ人は絶対に謝らない!自分が車をぶつけても「アッラーの思し召しがありますように☆」なんていうのも、よく聞く話。

でも、トルコ人は人情に厚い。バスに小さい子連れや老人が乗ってきたら、必ず誰かが席を変わってくれる。子どもが泣いたら、だれもうるさがらずに必ず相手をしてくれる。ちょっと話をしただけで「ともだちだ」なんて紹介してくれたり、通りすがりの人が子どもにキスをするなんてのも日常茶飯事!

こうしてトルコに住んで改めて、日本がいかに便利で安全な国かを実感するのと同時に、トルコの人間臭さが心地よく人に構われるのが温かくていいなーと感じている。私達も、こういう生活に鍛えられて、強くなってきているんだろうなー。。。Yummy
b0171428_1542684.jpg

[PR]

by kuromboturkey | 2009-10-12 16:03 | yummy  

<< 秋から冬へと ムニザニチックなトルコ絵 >>